隔たりを埋める

人間の行動からボットが学習

IQ BotTM は高度認識技術を使用して能力とその性能を進歩させながら、非構造化データから意味ある情報を取り出し、自動化に役立てます。本機能は、人間の作業から学習します。

 

「AI は、コンテンツを考慮してプロセスを自動化する能力により、 RPA にとって理想的な補完技術となります。この 2 つを組み合わせて利用することで、組織のプロセスを始めから終わりまで自動化できます。AI を利用して文書を取り込み、解析し、分類し、意味または感情を理解し、必要なアクションを RPA に渡します。最終的には、顧客宛てに AI を活用して承認の文書やメールを作成して送ります。」- Everest Group、バイスプレジデント、サラ・バーネット氏

情報を可視化

非構造化データの構造化

従来の自動化方式では多大な企業のデータおよび情報のほとんどにアクセスすることができません。そのため、ナレッジ ワーカーが、苦労して適切な情報を見つけ出し、ビジネス プロセスに「提供する」という重責を負っています。

人間が IQ Bot に学習させることで、隠された「ダーク データ」を発見して構造化データに変え、迅速かつ効率的にビジネス プロセスをヒューマン エラーを排除しながら自動化することができます。

ダーク データ

明白なギャップを解消

いかなるビジネス プロセスにも活用できるコグニティブ オートメーション

IQ Bot は、IBM Watson のような他の AI ソリューションと統合して、RPA と専門のコグニティブ プラットフォームの間のギャップを埋める目的で構築されたコグニティブ オートメーションです。

iqbot congnitive

IQ Bot の仕組み

機械学習と AI が日常的プロセスに適用されます

Recognize
教師なし学習

認識

コンピューター ヴィジョン

非構造化コンテンツを認識してカテゴリー化する事で、ボットが意思決定データを抽出することが可能

理解
コンピューター ヴィジョン

理解

自然言語処理

コンテンツの意味と意図を理解し、意思決定を改善

質の向上
教師あり学習

質の向上

ファジー論理

抽出されたデータを検証して質の向上を図るため、エンタープライズ アプリケーションに対する音声アルゴリズムとファジー ストリング マッチングを実施

改善
教師あり学習

改善

機械学習

人間の行動を観察する事によって学習し、その領域の専門性を高め、精度の向上と例外の削減を実現

インパクトに備える: 期待される効果: 8 週間以内に成果を実現

IQ Bot が自動化を行う文書例

  • 請求書
  • 発注書
  • 住宅ローン申請
  • ローン申請
  • 保険金請求
  • 保険金請求仲裁
  • 納税申告用紙
  • 教育文書
  • 顧客確認 (KYC)
  • 契約書
  • 配達証明
  • その他多数

自動化してデジタル フットプリントを増加

IQ Bot は、人間から非構造化データに隠された重要な情報をどのように検出し、構造化するかを学習することで、他のボットやアプリケーションに処理可能なデータを提供し、人間の関与が不要なプロセスのエンドツーエンドのオートメーションであるストレート スループット プロセッシング (STP) を飛躍的に向上させます。

ご利用中のボットに IQ 機能を追加してください

すぐに、お客様要件に即したインテリジェント デジタル ワークフォースを作成することをご検討ください。