ワークフォースとしての共生

未来のワークフォース = 人間 + デジタル

進歩し続けるワークフォースの世界を想像してみてください。人間の創造力や柔軟性と、デジタルワークフォース技術の可能性を組み合わせることで実現する理想的な世界です。

デジタルワークフォースに最適なテクノロジー、プラットフォーム、パートナーを選択し、デジタルエンタープライズの実現を加速しましょう。

人間の潜在能力を発揮

「これから先、ビジネスを推進していくには、人間と機械、どちらか一方では不十分です。両方を効果的に融合し、活用できる企業が明日の世界をリードしていくでしょう」

Accenture

オートメーション・エニウェアのデジタルワークフォース プラットフォームは、人間がアイデアや思考、創造力、集中力を駆使して仕事に取り組めるよう支援します。

デジタルワークフォース プラットフォームの構成。

デジタルワークフォース プラットフォームには次の3つの柱があります:ロボティックプロセスオートメーション、コグニティブ (認識) オートメーション、デジタルワークフォースアナリティクス

ロボティックプロセスオートメーション ロボティックプロセスオートメーション

TaskBots は、疲れ知らずのデジタルワークフォースで構成されたサポートチームです。エンタープライズRPAは、ルールベースのあらゆるプロセスを自動化します。各システムまたはアプリケーションと連携し、拡張性の高いソフトウェアロボットを使用して、ビジネスプロセスを自動化します。

コグニティブオートメーション コグニティブ
オートメーション

コグニティブボットは、専門スタッフとして、人の作業から学習した後も、自身でプロセスの改善を続け、企業のRPAプロセスをスムーズに実行できるように支援します。専門家による意思決定を要するような半構造化のプロセスについては、コグニティブオートメーションは機械学習を活用します。

デジタルワークフォースアナリティクス デジタルワークフォース
分析

デジタルワークフォースアナリティクスは、ボットレベルのデータをリアルタイムで合成し、効率を測定してスケールを設定するようなビジネスインサイトを生成します。前例のないコンテンツレベルの情報、すなわちボットにより得られるリアルタイムのあらゆるプロセス統計と、デジタルワークフォースのオペレーショナルアナリティクスの各アクションが得られます。

詳細をご希望の場合

世界で最も広く導入されているRPAプラットフォームをお試しください